ボルタレンとロキソニンの成分、効果、即効性、持続時間、副作用についての比較をしています。

TOPへ

ボルタレンとロキソニンの比較

ボルタレンとロキソニンの比較

ボルタレンロキソニンというのはどちらもNSAIDsと呼ばれる非ステロイド系鎮痛剤に分類される痛み止めの薬です。効果はどちらも強力とされています。また、ここで説明するボルタレンとロキソニンというのは病院で処方される錠剤の薬です。

ボルタレンとロキソニンはよく比較されがちです。それぞれの説明をしていこうと思います。

下記のボタンをクリックすることで薬の購入ページへ進めます。

ボルタレンジェネリック(デフナック)を今すぐ購入

ボベランを今すぐ購入

ボルタレンとロキソニンの成分

ボルタレンはジクロフェナクナトリウムという成分を主成分として含んでいます。

一方ロキソニンはロキプロフェンナトリウムという成分を主成分として含んでいます。

どちらも痛み止めの薬としては優秀です。用いられる用途としてはどちらも同じとされていますが、違う成分を含んでいるため効果や即効性、持続時間、副作用の発生率も少し異なってくるのです。

ボルタレンとロキソニンの効果

実際、効果が強い方はボルタレンとロキソニンどちらなのでしょうか。結果を言うのであればロキソニンよりもボルタレンの方が効果は強力です。

ボルタレンはNSAIDsと呼ばれる痛み止めの薬の中でも一番強力な効果を発揮します。ロキソニンも同じNSAIDsに分類されますが、ロキソニンでも症状を治すことができない場合、ボルタレンを用いることが多いです。

もし、ロキソニンが全然効かないと感じる場合、ロキソニンよりも効果が強力なボルタレンを使用するようにしましょう。

ボルタレンの効果については下記に詳しく説明しています。

ボルタレンとロキソニンの即効性

ボルタレンとロキソニンでどちらが即効性に優れているのかというと、ロキソニンです。

ロキソニンは飲んでから早くて15分程度で効果が現れてきます。遅くとも1時間以内には効果が聞いてくるので、とても即効性に優れた痛み止めの薬といえるでしょう。

ボルタレンも15分程度で効果が現れてくる場合もありますが、平均にしたら約30分程度はかかってしまいます。

また、ボルタレンとロキソニンの最高血中濃度に達する時間も変わってきます。

ロキソニンは0.79時間で最高血中濃度に達します。

ボルタレンは2.79時間で最高血中濃度に達します。

最高血中濃度とはその薬剤が体内に入り、代謝され、最大限の効果に達する事です。

つまり、ロキソニンは0.79時間で最大限の効果を発揮するということになります。

ロキソニンとボルタレンで最大限の効果を発揮するのは2時間程度変わってきます。ここからみるに、ロキソニンのほうがボルタレンと比べれ即効性に優れていると言えます。

ボルタレンとロキソニンの効果持続時間

ボルタレンとロキソニンではロキソニンの方が即効性に優れている薬というのはわかりました。ですが、効果時間はどうなのでしょうか。

結果はボルタレンの方が長いです。とはいっても、効果持続時間に関してはボルタレンとロキソニン、どちらもさほど変わりません。

ボルタレンは6時間~10時間程度持続します。

ロキソニンは平均にして7時間程度持続します。

体質的にボルタレンがさほど体に合わないという方であれば、ロキソニンと比べると効果時間が短く感じてしまうかもしれません。

ですが、一般的にはボルタレンの方が長いとされています。

ボルタレンとロキソニンの半減期

半減期というのは薬剤が最高血中濃度の達し、そこから濃度が半分になるまでの時間の事を言います。

結果を言えばボルタレンとロキソニンの半減期はそこまで大差はありません。

先程説明した効果の持続時間と同じように、体質的にボルタレンの方が長かったり、ロキソニンの方が長ったりと飲む人の体質や生活で変化が大きく変わってくるので、あくまで目安としかなりません。

ボルタレンの半減期は1.3時間とされています。

ロキソニンの半減期は1.2時間とされています。

ここからみてもさほど変わらないと分かるように、体質や生活によってボルタレンが長かったり、ロキソニンが長ったりと変わってきます。

半減期は運動や発汗、飲食、尿、便によって変わってきます。

ボルタレンとロキソニンの副作用

ボルタレンとロキソニンはどちらも効果は高いですが、副作用が発生する確率というのはどちらの方が上なのでしょうか。

結果はボルタレンの方が副作用の発生率で言えば高いです。

それもボルタレンの方がロキソニンよりも圧倒的に効果が強力なため、その分副作用も出やすい薬とされているのです。

また、どちらも消化器系の副作用が発生しやすいとされています。

消化器系の副作用が発生するパーセンテージで言えば

ボルタレンは6.63%

ロキソニンは2.25%

となっています。

ボルタレンの副作用としては下記のページにて詳しく記載していますので、目を通してみましょう。

また、どちらも妊娠中や子供には安易に使用することができないとされています。それは副作用が発生するリスクが高くなってしまうためです。

ロキソニンのほうが副作用のリスクが低いからといって、必ず出ないということや、出たとしても軽い症状で絶対収まるといったことではありませんので、注意してください。

まとめ

今回まとめたボルタレンとロキソニンの比較の結果については以下の通りです。

  • 効果の強さ

    ボルタレン > ロキソニン

  • 即効性

    ロキソニン > ボルタレン

  • 効果持続時間

    ボルタレン ≒ ロキソニン

  • 半減期

    ボルタレン ≒ ロキソニン

  • 副作用

    ボルタレン > ロキソニン

ボルタレンは効果も強い分副作用が発生する確率も高いとされている薬です。そのため、ロキソニンを使用していて効かないと感じている方はボルタレンを使用して治療すると良いでしょう。

下記のボタンをクリックすることで薬の購入ページへ進めます。

ボルタレンジェネリック(デフナック)を今すぐ購入

ボベランを今すぐ購入

ボルタレン

ロキソニン

ロキソニン

セレコックス

ブルフェン

イミグラン