ボルタレンジェネリックのボベランとデフナックの成分、効果、副作用、通販について記載しています。

TOPへ

ボルタレンジェネリック

ボルタレンジェネリック

ボルタレンにはジェネリック医薬品という薬が存在します。ボルタレンのジェネリックというのは新薬のボルタレンと同じ成分であるジクロフェナクナトリウムを含んでいます。

同じ成分なため、効果や副作用、飲み方などは全て一緒となっています。ただし、値段がかなり安くなっています。新薬であるボルタレンを購入するよりも何倍も安く販売されているのでとても経済的な薬と言えます。

ボルタレンのジェネリックというのは病院で処方される事はなく、通販を利用しなければ入手不可能とされています。そのため、ボルタレンのジェネリックをほしいという人は通販を利用して購入するようにしましょう。

下記のボタンをクリックすることで薬の購入ページへ進めます。

ボルタレンジェネリック(デフナック)を今すぐ購入

ボベランを今すぐ購入

ボルタレンジェネリックの効果

ボルタレンジェネリックは先程も説明した通り、新薬のボルタレンと同じ成分であるジクロフェナクナトリウムを含んでいるため、効果、副作用、飲み方は全て同じです。

ボルタレンはNSAIDs、別名で非ステロイド系鎮痛剤と分類される痛み止めの薬で、中でも効果が一番強力な薬となっています。

ボルタレンのジェネリックもこの特徴を引き継いでいるため、ジェネリックだから、値段が安いからといって他のNSAIDsの薬よりも効果が低いなんてことはありません。

ボルタレンジェネリックが効果的とされている症状は下記のものになります。

  • 下記の疾患、症状の鎮痛、消炎、解熱

    神経痛、腰痛、膀胱炎、歯痛、腱鞘炎、後陣痛、変形性関節症、変形性脊髄症、骨盤内炎症、月経困難症、前眼部炎症、頸肩腕症候群、急性上気道炎(急性気管支炎を含む場合も同様)

また、手術、抜歯後の鎮痛、消炎にもボルタレンは用いられているので、ボルタレンジェネリックも効果的とされています。

ボルタレンジェネリックの効果発現時間・持続時間

ボルタレンは効果が強力で、また即効性も高いとされています。ボルタレンジェネリックもこの部分は同じとなっています。

ボルタレンは成分であるジクロフェナクナトリウムが体内に入り、15分~45分程度で効果が現れてきます。効果の持続時間としては6時間~10時間となっています。

平均にすると効果発現時間が約26分、効果持続時間が8時間となっています。

また、これは鎮痛効果の場合となっているので解熱効果の場合はまた少し変わってきます。

解熱の場合は30分以内には効果が現れてきます。持続時間としましては6時間以上とされています。

ボルタレンジェネリックは同様の効果発現時間と効果持続時間となっています。

ボルタレンジェネリックの副作用

ボルタレンという薬はNSAIDsの薬の中でも一番副作用が発生しやすい薬となっています。ボルタレンジェネリックも同様で、ジェネリックのほうが副作用が出やすい、出にくいといった差は一切ありません。

多く報告されている副作用としては以下の症状になります。

  • 食欲不振
    吐き気
    嘔吐
    胃痛
    胃部不快感
    口内炎
    発疹
    浮腫

この中でも一番出やすい副作用としては胃腸系の副作用です。胃腸系の副作用というのはNSAIDsに分類される薬が多く出やすいものとなっています。ですが、そのNSAIDsの薬の中でも一番ボルタレンが出やすいとされています。もちろんボルタレンジェネリックも同じとなっていますので、その点は注意しておきましょう。

ボルタレンジェネリックの副作用というのは男女や年齢でも発生しやすい副作用というのが変わってきます。

男性の場合は5.97%、女性の場合は9.07%です。男性よりも女性の方が副作用が出やすい傾向にあるのです。

また、高齢者の場合はさらに副作用が出やすい傾向にあることがわかっています。上記の発生確率からどれほど上がるかというのは正確に結果が出ているわけではありませんが、若い人よりも高齢者の人の方が副作用が発生しやすいというのは確かと報告されています。

ボルタレンジェネリックの飲み方

ボルタレンジェネリックの飲み方というのは基本的に新薬であるボルタレンと同じです。

症状によって飲み方というのが異なってきますので、注意して飲むようにしてください。

一般的な症状の飲み方

成人であれば1日3回に分けて飲むようにしてください。服用量としては3錠~4錠となっています。服用容量としては75mg~100mgとなっています。

また、ボルタレンジェネリックを頓用する場合は1回の服用で1錠~2錠のむようにしましょう。服用容量としては25mg~50mgとなっています。

急性上気道炎(急性気管支炎も含む)の飲み方

成人であれば1日に4錠を限度として飲むようにしてください。服用容量としては100mgまでとなっています。

また、1日4錠を限度とされていますが、服用回数で言うと1日2回までとなっています。そのため、1回の服用で1錠~2錠飲むようにしましょう。1回での服用容量というのは25mg~50mgまでとなっています。

こちらは原則としての飲み方となっているので、医師に相談した際には容量の増減があります。

ボルタレンジェネリックを飲む際の注意点

ボルタレンジェネリックを飲む際は注意しなければ副作用を招いてしまう危険性があります。

必ず下記の項目に気をつけて飲むようにしてください。

服用回数を多くしない

ボルタレンジェネリックというのは服用回数が決まっています。1日の限度があるため、必ず自分の症状に合った飲み方を行うようにしてください。

あまり効果が現れないからといって服用回数を多くしてしまうと思わぬ副作用を招いてしまう危険性がありますので、必ず避けるようにしてください。

服用間隔は6時間以上空ける

ボルタレンジェネリックを1日2回以上飲む場合は服用間隔を6時間以上空けなければなりません。

これはボルタレンを飲み忘れた場合でも同じ間隔を空けなければなりません。例えば毎日決まった時間にボルタレンジェネリックを飲んでいるとします。

その時に飲み忘れに気付き、次の服用が6時間以内だった場合は、飲み忘れの分は飲まず、通常の時間に飲む分だけ飲むようにしてください。

もしも服用間隔を6時間以上空けなかった場合は思わぬ副作用を招いてしまう危険性があります。

必ず水と一緒に飲む

ボルタレンジェネリックを飲む際は必ず水と一緒に飲むようにしてください。ボルタレンジェネリックだけで飲んでしまうと、食道に停留してしまう場合があります。

食道に停留し、そこでボルタレンジェネリックが崩壊してしまうと食道潰瘍を引き起こしてしまう可能性があるのです。

そのため、ボルタレンジェネリックを飲む際は多めの水を用意して一緒に飲むようにしてください。

ボルタレンジェネリックは通販のみ購入可能

ボルタレンというのは病院で処方してもらう機会はありますが、ボルタレンジェネリックの場合は病院でも処方される機会は一切ありません。

病院でも処方されないとなれば、ドラッグストアや薬局でも販売されてはいません。

ボルタレンジェネリックを入手するには通販を利用しなければならないのです。ですが、そこまでしてボルタレンジェネリックを購入する必要はあるのでしょうか。

ボルタレンジェネリックのほうがなぜお得なのかと言うと、価格の安さです。新薬であるボルタレンと全て同一とされているにもかかわらず、値段がかなり安く販売されているのです。

病院でボルタレンを処方してもらうよりも遥かに安いです。ボルタレンジェネリックをおすすめする理由としてはその1点のみです。

ボルタレンジェネリックには有名な「ボベラン」という薬と「デフナック」という薬があります。

知名度で言えばボベランの方が有名ですが、値段でいうと「デフナック」がかなり安くなっています。

どちらも1錠50mgの薬とされているので、ピルカッターなどで1錠を半分にすることでさらにコストパフォーマンスを上げる事ができます。

また、1箱購入するよりも3箱、5箱と同時に購入することで1箱、1錠の単回がさらに安く済ませる事ができます。

ボルタレンは欲しいけど出費の面で少し悩んでいるという方はボルタレンのジェネリックを購入することでその悩みも解決することでしょう。

下記のボタンをクリックすることで薬の購入ページへ進めます。

ボルタレンジェネリック(デフナック)を今すぐ購入

ボベランを今すぐ購入

ボルタレンジェネリックがおすすめの理由

ボルタレンジェネリックというのは新薬のボルタレンと比べるととても安く販売されています。

そのため、ボルタレンが高いと感じている人はボルタレンジェネリックを購入して出費を減らすことができるのです。

ボルタレンジェネリックをおすすめする理由としてはこの安さのみとなります。成分はジクロフェナクナトリウムなんで、新薬のボルタレンと効果や副作用など全て同じです。

ボルタレンジェネリックは新薬のボルタレンと一切何も変わらずに安く販売されているので、新薬のボルタレンを購入する必要性があまり感じなくなってしまいますね。

しかし、ボルタレンジェネリックというのはツ不安のみでしか購入できないので、購入したいと感じている方は通販を利用して購入するようにしましょう。

ボルタレン

ロキソニン

ロキソニン

セレコックス

ブルフェン

イミグラン