デフナックの通販、効果、副作用、飲み方について説明してます。ボルタレンのジェネリックです。

TOPへ

デフナックとは

デフナックとは

デフナックというのはボルタレンのジェネリック医薬品になります。そのため、成分は新薬であるボルタレンと同じジクロフェナクナトリウムを含んでいます。

ボルタレンというのはNSAIDsと呼ばれる非ステロイド系鎮痛剤の中でも一番効果の強力な薬とされているので、ジェネリックであるデフナックもNSAIDsに分類される薬の中では一番効果の強い薬ということになります。

デフナックは基本的にボルタレンと何もかもが同じとされているのですが、唯一違う点としては値段です。ボルタレンの何倍も安い値段で販売されているのです。

ただし、病院で処方されるといったことはなく、入手するには通販を利用しなければならないのです。ボルタレンの効果をかなり安く購入できるのでとてもお得と言えるでしょう。また、通販であればボベランという同じボルタレンのジェネリックともありますので、チェックしてみるのも良いかもしれません。

ボルタレンジェネリック(デフナック)を今すぐ購入

デフナックの効果

デフナックは先程も説明した通り、ボルタレンのジェネリックなっているので、痛み止めの中では一番効果の強い薬となっています。成分はジクロフェナクナトリウムと成分を使用しており、鎮痛、消炎、解熱効果が非常に高い薬です。

また、手術や抜歯後に鎮痛や消炎の効果を期待してボルタレンを使用することもあり、ジェネリックであるデフナックももちろん代わりになります。

デフナックが具体的に効果的とされている症状としては

神経痛、防汚公演、腰痛症、歯痛、腱鞘炎、変形性関節症、変形性脊髄症、月経困難症、骨盤内炎症、前眼部炎症、頸肩腕症候群、急性上気道炎、急性気管支炎を含む急性上気道炎

これらの症状にデフナックはとても効果的とされているのです。

ただし、デフナックの主成分として使用されているジクロフェナクナトリウムは炎症などの痛みの根本となる原因を治すわけではありません。

まず、炎症などの痛みというのはプロスタグランジンという物質が生成されることで引き起こしてしまうと言われています。

ジクロフェナクナトリウムというのはこのプロスタグランジンという物質の生成を抑制してくれます。抑制される事で炎症などの痛みを緩和してくれるのです。

緩和となっているため、原因そのものを改善させるためのものではありません。ですが、炎症などの痛みというのは一定期間経つことで改善されていくものです。

そのため、痛みが治まるまでの期間をデフナックを使用して乗り越えましょう。

デフナックの即効性と効果持続時間

デフナックというのはNSAIDsの中でも一番効果が強力となっています。それに加えて即効性も高いとされています。

これは鎮痛効果と解熱効果で即効性とその効果持続時間が異なってきます。

鎮痛効果の場合はデフナックを服用して15分~45分程度すると効果が現れてきます。効果の持続時間としましては、6時間~10時間程度です。鎮痛効果の平均で言うと即効性が約26分、効果の持続時間は約8時間となっています。

解熱効果の場合は、デフナックを服用して30分以内で効果が現れてきます。効果の持続時間としては6時間以上となっています。

どちらも平均で見ると似たような即効性と効果の持続時間ですが、若干異なってきます。また、これは平均となっているので、服用する人の体質やその日の状態によって時間は多少変化します。

必ずこのような即効性や効果持続時間ではありませんので、あくまでも目安として認識しておきましょう。

頭痛と腰痛にデフナックは効果あり?

デフナックは腰痛の場合はとても効果的とされていますが、頭痛の場合は効果が効くものと効かないものがありますので、注意してください。

腰痛には急性腰痛と慢性腰痛の2種類があります。急性腰痛というのはぎっくり腰などの症状です。慢性腰痛というのは一般的に痛みが伴う腰痛となっています。

腰痛ということで日々悩まされている人も多いでしょう。そのような人でもし何も薬を使用していないと言う人であれば、デフナックはとても安いので使用してみても良いかと思います。

腰痛に関してはデフナックの新薬でもあるボルタレンの添付文書にしっかりと効果があると記載されていますので、効果は期待していても良いでしょう。

頭痛に関しては軽いものであればデフナックは効果があるとされています。頭痛というのは大きく分けて3種類あり、偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛があります。

これらは少しずつ症状が異なっております。詳しく知りたいという方は下記の「頭痛にボルタレンは効く?」をご覧ください。

デフナックは緊張型頭痛の場合はとても効果的とされています。緊張型頭痛というのは一時的な痛みとされており、このような痛みを抑えるためにはデフナックはとても効果的と言えるでしょう。

偏頭痛の場合は軽度のものであれば効果はあるとされています。それよりも重い症状になってしまった場合は、トリプタンと呼ばれる薬を使用しなければなりません。

もし「偏頭痛が酷い」「ボルタレンを使用しても全然偏頭痛が治らない」というような方はトリプタンと呼ばれる薬を使用して偏頭痛を治療するようにしましょう。

群発頭痛は世界三大激痛の1つともされているほどの頭痛です。群発頭痛にでフナックは一切効果はありません。群発頭痛には特殊な治療法が用いられますので、発症してしまった人はすぐに病院へ行き治療してもらうようにしましょう。

ボルタレンジェネリック(デフナック)を今すぐ購入

デフナックの副作用

デフナックというのはNSAIDsの中でも一番効果が強力な薬です。ですが、その分副作用が発生してしまうリスクというのもNSAIDsの薬の中では一番高いとされています。

確率としてはbobe.85%とされており、約10人に1人が発生してしまうというものです。また、これは男性か女性か、その他にも年齢で発生してしまう確率が異なってくるというのが確認されています。

男性の場合は5.97%、女性の場合は9.07%となっており、年齢の方は高齢者になればなるほどこれよりもさらに発生率が高くなってくるとされています。

また、こちらは平均となっていますので、必ずこの確率が正しいというわけではありません。その人の体質によっては発生しやすかったり、発生しにくかったりとありますので、目安として頭に入れておきましょう。

デフナックを服用したことで発生してしまうと報告があがっている副作用は、食欲不振、吐き気、嘔吐、胃痛、胃部不快感、口内炎、発疹、浮腫の8つです。

また、デフナックというのは正しい飲み方を守らなければ上記で挙げた副作用以外の重篤な副作用が発生してしまう危険性がありますので、デフナックを服用しようと考えている方は、必ず飲み方を守るようにしてください。

デフナックは胃腸系の副作用が出やすい

デフナックで起こりやすい副作用というのは胃腸系の副作用です。ですが、これはデフナックに限った話ではなく、NSAIDsに分類されている痛み止めの薬が全て該当されます。

ですが、デフナックが一番副作用が発生しやすいとされているので、他のNSAIDsの薬よりもリスクが高いというのは確かです。

ではなぜ胃腸系の副作用が起きやすいのかと言うと、デフナックも含んだNSAIDsの薬というのは基本的に服用したことで胃腸が荒れやすくなっているのです。

デフナックが抑制するプロスタグランジンという物質は炎症作用を引き起こす他、胃粘膜を保護する働きも持っているのです。

デフナックを服用し、プロスタグランジンを抑制してしまうことで、服用する前よりも胃粘膜が保護されにくい環境となってしまうのです。

そのため、胃腸が荒れやすくなってしまい、胃腸系の副作用を引き起こしやすくなってしまうのです。

ボルタレンは病院で処方してもらうとなると、一緒に整腸剤も処方してもらうことが多いです。同時に処方してもらう理由といのはこのような事が理由となっているためなのです。

デフナックの飲み方

デフナックというのは症状によって飲み方というのが異なってきます。一般的な飲み方と急性上気道炎、急性気管支炎を含む急性上気道炎の場合の2種類の飲み方を紹介します。

重篤な副作用を発生させないためにも、必ず自分の症状に合った飲み方を守るようにしてください。また、どちらも成人の人の飲み方となっているので、20歳未満の方はデフナックは使用しない、または病院で必ず相談してからにしましょう。

一般的な飲み方

デフナックの一般的な飲み方としましては、1日に3回に分けて飲むようにしてください。1日に飲む容量としては75mg~100mgです。何錠かと言うと3錠~4錠です。

この飲み方が一番多いかと思います。そのため、この容量は必ずまもるようにしてください。

もしもこれ以上多く服用してしまうと、思わぬ副作用を招いてしまう危険性があります。

急性上気道炎(急性気管支炎を含む場合も同様)の飲み方

1日に4錠を限度として服用しましょう。内容量としては1日に100mgまでとされているので、注意してください。

また、一般的な飲み方とは異なり、服用回数は1日に2回までと決められています。そのため、1回で1錠~2錠服用してください。

1回で2錠服用するという場合は、必ず1日の限度である100mgを超えないようにしてください。

デフナックの通販

デフナックというのはボルタレンと同じ成分、効果、副作用、飲み方となっているのですが、通販でしか購入できません。

新薬であるボルタレンの場合は病院へ行くことで処方されましたが、デフナックは国内では未承認となっているため、日本では一切入手することはできません。

ですが、通販を利用することで日本では未承認の薬でも簡単に購入することができるのです。決して違法ではないのでそのような心配もいりません。

ただし、個人輸入代行業者の通販でないとデフナックは購入できませんので、amazonなどには取り扱われていません。

おすすめの通販サイトとしてはくすりエクスプレスという通販サイトがありますので、そちらで購入しましょう。送料も無料なので、純粋な薬の値段だけで購入することができるのです。

デフナックというのはかなり安く販売されています。新薬であるボルタレンを比べると何倍も安い価格です。それなのに効果としてはボルタレンと一切同じとなっているのです。

ボルタレンを通院で処方してもらい、常用薬として使用している人も中にはいるかもしれません。ですが、そこをデフナックにすることで今までよりも出費を抑える事ができます。

ボルタレンジェネリック(デフナック)を今すぐ購入

ボルタレン

ロキソニン

ロキソニン

セレコックス

ブルフェン

イミグラン