コビックス(セレコキシブ)の効果、副作用、飲み方、通販について詳しく説明しています。

TOPへ

コビックスの効果

セレコックスの効果

コビックスとはセレコックスのジェネリックとなっています。そのため主成分はセレコキシブという成分を使用しています。

コビックスはボルタレンロキソニンと同じくNSAIDsと呼ばれる非ステロイド系鎮痛剤に分類されている痛み止めの薬となっています。

セレコックスと同じセレコキシブを使用しているので炎症や腫れ、痛みといった症状をコビックスは飲むだけで緩和させてくれます。

コビックスはセレコックスと同じ効果となっているため、ボルタレンやロキソニンの効果とは若干ですが異なってきます。

また、ボルタレンと比べると効果が弱く感じてしまうかもしれないですが、その分副作用が出にくいといった薬となっています。

基本的にNSAIDsに分類される痛み止めの薬というのは炎症や痛みの原因そのものを改善してくれるものではありません。これはコビックスにも言えることとなっており、コビックスは飲んでも原因を改善するのではなく、炎症や痛みが治るまでの期間、痛みを感じ辛くしてくれるといったものです。

ボルタレンやロキソニンというのは効果は強く副作用が出やすい特徴となっているため、これが苦手だという人や体質的に合わないという人はコビックスを使用してみても良いでしょう。また、ボルタレンジェネリックであるボベランデフナックも苦手という人は存在するかもしれないので、もし、上記の薬が合わないという事だったらセレコックスよりも安いコビックスがおすすめです。

コビックスを今すぐ購入

コビックスの作用機序

コビックスに含まれているセレコキシブという成分が痛みを緩和させてくれるのです。

炎症や痛みを強く感じる原因というのはプロスタグランジン(PG)という物質が多く生成されるためです。

炎症が起きるとプロスタグランジンの他にヒスタミン、ブラジキニン、ロイコトリエンなどの物質が放出されます。

この中で特に痛みの物質とされているのがプロスタグランジンとなっているのです。

炎症というのは通常はそこまで痛みを感じることはありません。ですが、プロスタグランジンが生成されることにより、通常よりもさらに痛みを強くしてしまったり、発熱を起こしてしまう事になるのです。

プロスタグランジンというのはシクロオキシゲナーゼ(COX)という物質が原料となって生成されます。

コビックスはシクロオキシゲナーゼを阻害することにより、プロスタグランジンの生成を抑制してくれるのです。

また、コビックスがボルタレンやロキソニンと違う効果としてはこのシクロオキシゲナーゼに対しての効果となっています。

実はこのシクロオキシゲナーゼというのは2種類あるのです。COX-1とCOX-2です。

痛みや発熱を引き起こしてしまうのはこの2つのうちCOX-2にあります。COX-1は胃粘膜の保護効果を持っており、さほど害はありません。

ボルタレンやロキソニンの効果というのは2種類のシクロオキシゲナーゼどちらも阻害してしまいます。そのため、胃腸系の副作用も出やすくなっているのです。

コビックスはシクロオキシゲナーゼを阻害するといっても、COX-1のみを阻害するようになっているため、痛み、発熱の部分だけを緩和することができるのです。

コビックスの即効性

コビックスというのはそこまで即効性があるわけではありません。コビックスを服用して鎮痛効果が現れるまで30分~60分程度かかります。

ロキソニンをいつも使用している人からすると、とても遅いと感じてしまうかもしれません。即効性の高いロキソニンと比べると、コビックスは緩やかに効果が現れる薬ですね。

コビックスは即効性がそこまで高くはないといっても、効果はとても期待でき副作用も少ないのでボルタレンやロキソニンの副作用が気になるという人はコビックスの使用をおすすめします。

コビックスは解熱効果がない?

コビックスはセレコックスのジェネリックとなっています。セレコックスは保険上の効果として、鎮痛効果と抗炎症効果のみの記載となっています。

これから見ると、解熱効果はない?と感じてしまうかもしれませんが、記載されていないだけで、しっかりと解熱効果は存在します。

実験に作られたネズミのラットというのはご存知でしょうか。薬を人に対して使用する前に、このラットでまずは実験を行います。

セレコックスをラットに対して使用した臨床試験でも、しっかりと解熱効果は確認されたと結果が出ています。イブプロフェンと呼ばれる成分と同等程度の解熱効果があるとされています。

セレコックスのジェネリックであるコビックスもこの特徴を引き継いでいるので、解熱のためにコビックスを使用することはとても効果的と言えるでしょう。

コビックスは腰痛に効果的

コビックスは腰痛に対してとても効果的とされています。これは添付文書にも記載されていることなので、信用性は高いと言えます。

常日頃から腰痛に悩まされている人はボルタレンを使用するよりもコビックスをおすすめします。理由としては、コビックスはボルタレンと比べると副作用がとても少ないため、平日仕事の時間でも副作用が発生することがなく、腰痛を緩和させることができます。

もしも自分が腰痛持ちということであれば、コビックスを常備薬として持っていることはとてもおすすめできます。また、常備薬としてコビックスを使用する際は、必ず服用回数は守るようにしてください。

もしも正しい飲み方より多く飲んでしまったら思わぬ副作用を招いてしまう危険性がありますので、注意して飲むようにしてください。

コビックスは頭痛に効果アリ?

コビックスというのはロキソニンやボルタレンとは少し作用機序が異なっています。COX-1とCOX-2どちらもではなく、COX-2のみの生成を阻害することができるのです。

ボルタレンやロキソニンというのは頭痛に対して効果がないとは言えませんが、とても効果的とは言えません。緊張型頭痛や軽度~中等度の偏頭痛であれば効果はあるとされています。

ボルタレンの頭痛について詳しくは下記のページを参照ください。

ではコビックスはボルタレンやロキソニンと同じように、頭痛に対して効果はあるのでしょうか。結果としては効果はあるとは言えないですが、必ずしも効果がないとも言えません。

コビックスはボルタレンやロキソニンと若干の作用機序の違いはありますが、炎症や痛みに対しての用途としては同じです。そのため、何もしないよりかは良いという感じでしょう。

ただし、効果があるとしてもボルタレンやロキソニンと同じで緊張型頭痛や軽度~中等度の偏頭痛のみと言えるでしょう。

コビックスを使用して頭痛が治るという確証はありませんので、使用して効果が出なかったとしてもおかしいことではありません。

また、頭痛に対してコビックスを使用する際は、必ず飲み方などは間違えないようにしてください。多く飲んでしまうと思わぬ副作用を招いてしまう危険性がありますので注意しましょう。

コビックスの副作用

コビックスというのはとても副作用の少ない痛み止めの薬となっています。ボルタレンやロキソニンなどと比べるととても安心して飲むことができる薬と言えるでしょう。

コビックスの作用機序でも説明した通り、COX-1とCOX-2のうち、COX-2のみを阻害してくれるため、胃腸系の副作用というのはかなり少なくなっています。

とは言っても、もともと胃腸が弱かったりしてしまうと、副作用が出てしまうリスクは高くなってしまいます。

また、胃腸系の副作用以外で報告されている症状としては、吐き気、嘔吐、発疹となっています。

コビックスは飲み方というのがしっかりとあるため、守らなければ思わぬ副作用を発症させてしまう危険性がありますので、注意してください。

コビックスの飲み方

コビックスを飲もうと考えている人は必ず飲み方をチェックしてから飲むようにしましょう。飲み方を間違えてしまうと強い副作用を発症させてしまう危険性があります。

コビックスは症状によって飲み方が間違ってきますので、必ず自分の症状にあった飲み方を行うようにしてください。

腰痛、腱鞘炎、変形性関節症、肩関節周囲の炎症等の飲み方

成人の場合は1日に2回、1回の服用で100mgを飲むようにしてください。朝食後に1回、夕食後に1回ずつ、飲むようにしてください。

関節リウマチの飲み方

成人の場合は1日に2回、1回の服用で100mgと200mgのどちらかを飲むようにしてください。

こちらも飲むタイミングとしては朝食後に1回、夕食後に1回飲むようにしましょう。

100mgか200mgかは自分の体質に合っているほうを選んで飲むようにしましょう。また、最初は100mgを飲むようにして、もしも効果が一切ないという場合は200mgにするようにしてください。

手術後、抜歯後の飲み方

成人の場合は1日に2回飲むようにしてください。手術後、抜歯後の場合は若干特殊な飲み方となっているので、必ず注意して飲むようにしましょう。

一番最初に飲む際は400mgを飲むようにしましょう。そして、2日目からは200mgを飲むようにしてください。

服用回数としてはどちらも1日2回となっています。また、飲むタイミングとしては朝食後や夕食後ではなくても大丈夫です。

服用間隔を最低6時間程度空けて飲むようにすればタイミングとしては大丈夫とされています。

コビックスの服用間隔

コビックスというのは空けなければならない服用間隔があります。それは6時間以上です。

コビックスは基本的に1日2回の服用数となっています。1錠飲んだら次に飲む際は6時間以上は空けてから飲むようにしましょう。

もしも6時間以内に2錠目を飲んでしまった場合は副作用のリスクを高めてしまう事に繋がります。そのため、必ずコビックスの服用間隔は守るようにしましょう。

コビックスの通販

コビックスというのはセレコックスのジェネリックとなっています。セレコックスは病院でも処方されることはありましたが、コビックスは病院で処方されることはありません。

そのため、コンビニやドラッグストア、薬局などでも販売されてはいません。どこで購入するのかと説明すると、通販です。

コビックスは通販のみでしか販売されていないのです。そのため、コビックスを購入したいと考えている人は通販を利用して購入するようにしましょう。

コビックスを今すぐ購入

amazonでは販売されていない

コビックスというのは通販のみでしか販売されていないと説明しましたが、amazonなどの一般的に認知されている通販サイトでは販売はされていません。

それではどこなら購入できるのかというと、個人輸入代行を行っている通販サイトとなります。

何か難しそうに感じてしまいますが、操作としてはamazonなどと一切変わりません。

amazonなどを利用したことがある人であれば、個人輸入代行を行っている通販サイトでも一切問題なく扱えるかと思いますので、コビックスを購入したいと思っているのであれば、利用してみましょう。

コビックスはセレコックスよりも安い

コビックスというのはセレコックスのジェネリックとなっているため、成分はもちろん、効果や副作用も同じです。

ですが、ジェネリックというのは開発費がかなり安くなっているため、販売されている価格もかなり安くなっています。

セレコックスを購入するよりも何倍もお得となっているため、セレコックスを現在利用しているという人や、セレコックスの購入を考えているという人はコビックスに変える事でとても経済的と言えるでしょう。

コビックスを今すぐ購入

ボルタレン

ロキソニン

ロキソニン

セレコックス

ブルフェン

イミグラン