ブルフェン(イブプロフェン)の通販、効果、副作用、飲み方について説明してます。

TOPへ

ブルフェンとは

ブルフェンとは

ブルフェンというのはNSAIDsに分類される痛み止めの薬です。ボルタレンセレコックスコビックスなどと同じになっています。

主成分はイブプロフェンという成分を使用しております。市販薬であるイブなどに配合されている成分となっています。

ですが、ブルフェンの場合は市販薬で販売されているイブなどよりも多くイブプロフェンが含まれています。

約4倍程度の配合量となっているので、市販薬よりもとても高い効果となっています。

ブルフェンは効果は高くなっていますが副作用はとても少なく安全に飲むことのできる薬です。

通販で購入することができるので、市販薬よりも高い効果を得たいという人は通販を利用してブルフェンを飲むようにすると良いでしょう。

ブルフェンの通販

ブルフェンという薬は病院へいくと処方される痛み止めの薬です。ですが、病院以外にも通販を利用することで誰でも簡単に購入することができるのです。

病院で処方してもらうよりも安く購入することができるので少しでも安くブルフェンが欲しいという人は通販を利用しましょう。

また、通販であれば移動の時間や病院の開いている時間を考えなくても良いのでいつでもどこにいても簡単に購入できるのです。

仕事で病院へ行く時間がないという人や面倒くさいなどという人は通販を利用してブルフェンを購入しましょう。

ブルフェンの効果

ブルフェンというのはイブプロフェンという成分を主成分に含んでいるNSAIDsに分類される痛み止めの薬です。

そのため、基本的にボルタレンやセレコックス、コビックスなどと同じようにプロスタグランジンの生成を抑え、炎症、痛みを緩和してくれる効果があります。

ブルフェンに含まれているイブプロフェンという成分は市販薬のイブなどにも配合されている成分となっています。

ですが、市販薬のイブの場合は200㎎程度しか入っていないですが、ブルフェンの場合は800㎎程度入っていますので、効果としては全然異なってきます。

断然ブルフェンの方が効果は高くなっているのです。

ブルフェンはボルタレンやロキソニンといったNSAIDsの薬と比べると少し効果は弱いと感じてしまうと思いますが、副作用は全くなく安全な薬と言えます。

ボルタレンやロキソニンを飲んで合わない、副作用が気になるという人はブルフェンの服用をおすすめします。

ブルフェンの副作用

ブルフェンはとても副作用のすくない薬となっています。ですが、完全に副作用が出ないというわけでもありません。

人それぞれに体質があるので、副作用が出やすい人や出にくいという人が存在します。

とはいっても比較的安全な薬となっているので、安心して飲むことができます。

主に報告されている副作用としては、NSAIDs特有の胃腸系の副作用となっています。これはボルタレンやロキソニンとも同じです。

胃の不快感や食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢などが出やすくなっています。ですが、発生率としては3%となっているため、ボルタレンやロキソニンと比べるとかなり安全な薬です。

また、眠気の副作用も発生するという報告もありますが、イブプロフェンは眠気が起きると成分には分類されていないため、基本的にこの眠気といった副作用が発生する確率はとても少ないといえます。

これほど副作用が少なく安全に飲める薬としてブルフェンは有名なので、痛み止めの薬は飲みたいけど副作用が怖いという人はブルフェンを使用すると良いでしょう。

ブルフェンの飲み方

ブルフェンは通常、成人の場合は1日に1回の服用となっています。1回に2錠飲むのが推奨されているので、必ずこの飲み方は守るようにしましょう。

正しい飲み方を守らなければ思わぬ副作用を招いてしまう危険性がありますので、注意してください。

また、ブルフェンの主成分であるイブプロフェンは夜に飲むことでさらに高い効果を得ることができるとされています。