ボルタレン(ジクロフェナクナトリウム)という痛み止めの薬の効果、副作用、飲み方、通販の紹介

TOPへ

ボルタレンとは

ボルタレンとは

ボルタレンとは主成分にジクロフェナクナトリウムを含めた炎症や腫れ、痛みといった症状を抑えてくれる痛み止めの薬です。

様々な形で販売されており、塗り薬、湿布、座薬、錠剤と多く存在します。湿布や塗り薬はテレビCMなどでも流れているので目にしたことはあるのではないでしょうか。

特に錠剤のボルタレンは痛み止めの中でも一番効果の高い薬とされ、NSAIDs(Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)や非ステロイド系鎮痛剤と呼ばれるグループに分類されます。ちなみにNSAIDsは「エヌセイズ」と読みます。

基本的にボルタレンは病院でしか処方されることはありませんが、現在では通販で購入することが可能です。通販であれば処方せんも必要なく、かなり安く購入できるのでおすすめです。

ボルタレンを病院ではなく通販で購入

ボルタレンを病院ではなく通販で購入

ボルタレンとはNSAIDsに分類される痛み止めの中でも一番効果の強力な薬となっています。効果が強力な分、副作用も出やすい薬となっており、現在では病院で処方してもらう以外に入手することはできません。

そのため、ボルタレンがほしいという方はわざわざ病院へ行く必要があるのです。ですが、現在では通販でもボルタレンは購入できます。ボルタレンをほしいという方でも簡単に入手が可能なのです。

処方せんも必要なく簡単に購入できるので通販を利用してボルタレンを購入するのはとてもおすすめといえます。

通販ではジェネリック医薬品という薬が存在し、ボルタレンのジェネリックというのは通販を利用しなければ購入することができません。ジェネリックはボルタレンと同じ成分を使用しているので効果は全く同じとなっています。ですが、価格で言えば何倍も安く購入できるのです。

ただし、薬を通販で購入するというのはとても不安と思う方も多いでしょう。ボルタレンとなると飲み薬になるため、「偽物がとどいたら…」と考えてしまうかと思います。そのため、通販でボルタレンを購入するにはしっかりと購入しようとしている通販が信用性の高いところなのか調査をしなければなりません。

下記のボタンをクリックすることで薬の購入ページへ進めます。

ボルタレンジェネリック(デフナック)を今すぐ購入

ボベランを今すぐ購入

ボルタレンの最安値

ボルタレンを通販で購入する際に気になるのは値段かと思います。通販ではジェネリック医薬品という薬が存在しており、ボルタレンと全く同じ効果、副作用、飲み方で値段がかなり安い薬が存在しているのです。

ジクロフェナクナトリウムを主成分として含んでいるので、効果が少しだけ違うという事もありません。

ボルタレンのジェネリックであれば、最安値で1箱単位876円から買う事もできるのです。

病院で処方してもらう場合よりもかなり安く買う事ができます。

ボルタレン通販はくすりエクスプレス

ボルタレンを通販で買うならくすりエクスプレスが一番です。くすりエクスプレスは今年で創業6周年を迎えており、信頼性は抜群です。

取り扱っている薬はすべて正規品となっており、偽物が届く心配もありません。

なぜ一番おすすめと言えるのか。それは送料が無料という点です。薬を通販で購入する場合は海外からの発送となるため、送料がだいぶ高くなってしまうという点があります。

ですが、くすりエクスプレスであればそのような高い送料も一切ありませんので、純粋に表示されている薬の値段だけで済みます。

くすりエクスプレスは安いからといって偽物が届くことはありませんので安心してボルタレンを購入しましょう。

下記のボタンをクリックすることで薬の購入ページへ進めます。

ボルタレンジェネリック(デフナック)を今すぐ購入

ボベランを今すぐ購入

通販で偽物が届く可能性

通販は注意しておかないと注文しても偽物が届く可能性があります。実際に成分も全く異なる偽物が届いたという事件が起きたこともあります。

ボルタレンの通販に関してはまだこのような事件は起きたことないですが、可能性としてはゼロではありません。

そのため、薬を通販で購入する際は注意しなければならないのです。ですが、くすりエクスプレスであればそのような心配は一切ありません。

取り扱っている商品はすべてメーカー正規品となっているので、安心して注文することが可能です。

もしボルタレンを通販で購入するとしてこのような点に不安を持っているのであればくすりエクスプレスを利用してボルタレンを購入しましょう。

通販で購入するメリットって?

ボルタレンを通販で購入するメリットというのは多くあります。中でも一番はかなりの安さで販売されていることです。病院へ行くことと比べたらまずありえないくらいの値段です。ですが、効果はしっかりボルタレンの効果なのでしっかりと痛みを緩和してくれます。

また、時間や場所を問われないので、病院へ行く時間がないという方にはとてもおすすめです。ちょっとした時間で簡単に購入することができるので、病院へ行くのが面倒だったりする方は通販を利用してボルタレンを購入するようにしましょう。

処方せんを必要としないというのも通販の強みです。病院で処方される薬というのは、一回処方されたとしてもまた購入する時は同じ病院へ行き、医師から処方せんをもらわなければ薬を入手することができません。ですが、通販ならば処方せんを必要とせず、大手通販サイトのような感覚で購入することができるのでとても便利です。

通販にはこれほど多くメリットがあります。病院へ何かしらの理由で行けない、行きたくないという方は通販を利用してボルタレンを購入することをおすすめします。

ボルタレンの口コミ

ボルタレンを通販で購入するのに不安が残る、本当に大丈夫?と考えている方は通販の口コミを見ると良いでしょう。悪い評価もあれば良い評価もあります。

通販の口コミを見ればその通販がちゃんと信用性の高いところなのか、薬自体はしっかり効き目があるのかなど分かるかと思います。

下記のボタンをクリックすることで薬の購入ページへ進めます。

ボルタレンジェネリック(デフナック)を今すぐ購入

ボベランを今すぐ購入

ボルタレンの効果

ボルタレンの効果

ボルタレンは痛み止めの薬とされておりNSAIDs、別名で非ステロイド系鎮痛剤に分類されています。

ボルタレンが効果的とされている症状をご紹介します。

  • 下記の疾患、症状の鎮痛、消炎

    神経痛、腰痛症、膀胱炎、歯痛、後陣痛、腱鞘炎、変形性脊髄症、変形性関節症、骨盤内炎症、月経困難症、前眼部炎症、頸肩腕症候群

  • 下記疾患の解熱、鎮痛

    急性上気道炎(急性気管支炎を含む場合も同様)

  • 手術、抜歯後の鎮痛、消炎

    ただし、ボルタレンは対症療法薬と呼ばれており、痛みや熱の原因を治すわけではありません。

また、ボルタレンは効果がとても強いのに加えて即効性にも優れており、鎮痛や解熱という症状はできるだけすぐに欲しいものなので、満足のいく効果を得ることができるでしょう。即効性もさることながら、効果の持続時間も満足いくほどです。

ただし、かなり効果の強いボルタレンですが、その分、副作用も出てしまうリスクも高くなってしまいますので注意してください。

下記のボタンをクリックすることで薬の購入ページへ進めます。

ボルタレンジェネリック(デフナック)を今すぐ購入

ボベランを今すぐ購入

ボルタレンの成分ジクロフェナクナトリウム

ボルタレンに含まれている主成分はジクロフェナクナトリウムという成分です。このジクロフェナクナトリウムはかなり強力な消炎、鎮痛作用があります。様々な疾患に効果的とされており、手術後や抜歯後に用いられることも多いです。

ジクロフェナクナトリウムは炎症、痛み、熱の原因である部分、プロスタグランジンという物質の生成を抑える事で、痛みや炎症の緩和、解熱の効果があります。そのため原因そのものを治すわけではありません。

ジクロフェナクナトリウムを主成分としている薬はNSAIDsの中でも一番強力です。ただし、その分副作用も出やすい薬となっていますので、服用を考えている方は必ず副作用の項目にも目を通すようにしてください。

ボルタレンの効果発現時間・効果持続時間

ボルタレンには即効性があり、効果の持続時間も満足いくほどです。鎮痛効果と解熱効果で効果が発現する時間と効果の持続時間は変わってきますのでそれぞれ説明します。

鎮痛効果の場合、ジクロフェナクナトリウムが体内に入ることで15分~45分程度で効果が現れてきます。効果の持続時間は6時間~10時間とされています。平均にすると効果発現時間が約26分、効果持続時間が約8時間となっています。

解熱効果の場合、ジクロフェナクナトリウムが体内に入ることで30分以内には効果が現れてきます。効果の持続時間としては6時間以上とされています。

ただし、説明した効果が現れる時間や持続時間というのは個人差がありますので必ずとはいきません。あくまでもの目安ということで捉えておきましょう。

ボルタレンの作用機序

ボルタレンの大体の効果はわかったと思いますが、どのようにして炎症や痛み、熱に作用していくのか説明します。

まず炎症というのは

  • 発赤
    熱感
    腫脹
    疼痛

という症状を発症させます。上から赤くなる、熱くなる、腫れる、痛みを感じるといった症状となっています。

そしてこの炎症の原因となるのはプロスタグランジンという物質です。プロスタグランジン(PG)には種類がありますが、基本的に痛みや発熱を伴うのはプロスタグランジンE2(PGE2)です。また、プロスタグランジンI2(PGI2)でも痛みを増強させてしまう作用があります。他にもありますが、この2種類がとても重要となってきます。

このプロスタグランジンはアラキドン酸という物質にシクロオキシゲナーゼ(COX)が作用することによって初めて生成されます。ということは、このシクロオキシゲナーゼがアラキドン酸に作用しなければプロスタグランジンが生成されなくなるのです。

ボルタレンを含むNSAIDsの作用機序としましては、プロスタグランジンに直接作用するわけではなく、シクロオキシゲナーゼを阻害する作用があるため、プロスタグランジンが生成されなくなるため、痛みが抑えられるのです。これがボルタレンの作用機序となります。

プロスタグランジンは炎症を引き起こしてしまう作用だけではなく、胃粘膜を保護する働きももっているため、プロスタグランジンが全て悪い物質というわけではありません。

ちなみにシクロオキシゲナーゼにも種類があり、COX1とCOX2、COX3があります。このうち炎症に深い関わりがあるのはCOX2となります。通常、COX2を集中的に阻害する事によって炎症は抑える事ができます。ですが、ボルタレンはCOX2の他にCOX1も阻害するため、効果が強力な分、副作用も出やすい薬となっているのです。

ボルタレンと頭痛

頭痛となると痛み止めを使う方は多いかと思います。ですが、実際痛み止めで一番効果の強い薬と言われているボルタレンは頭痛に効果があるのでしょうか。

頭痛の種類や特徴、またその頭痛に対してボルタレンが効くのかどうかを下記ページにて記載しています。

また、ボルタレンが頭痛に対して効果がないと感じる人はイミグランスミナットというトリプタン製剤を使用して改善させましょう。

ボルタレンと腰痛

ボルタレンは腰痛にも効果はあるのでしょうか。腰痛には急性腰痛と慢性腰痛があり、ぎっくり腰は急性腰痛に当たります。

その2種類の腰痛にボルタレンは効果があるのかどうかを下記ページにて記載しています。

下記のボタンをクリックすることで薬の購入ページへ進めます。

ボルタレンジェネリック(デフナック)を今すぐ購入

ボベランを今すぐ購入

ボルタレンの副作用

ボルタレンの副作用

ボルタレンはNSAIDsの中でも最も効果が強力で最も副作用が出やすい薬です。といってもボルタレンを服用することで副作用が発生する確率はbobe.85%と言われています。

ボルタレンを服用することで発症すると報告されている副作用は下記の症状です。

  • 食欲不振
    吐き気
    嘔吐
    胃痛
    胃部不快感
    口内炎
    発疹
    浮腫

上記の副作用の中でも最も注意しなければならない副作用としては「胃腸系の副作用」となっています。

胃腸系の副作用というのはボルタレンだけの副作用ではなく、NSAIDsに分類される痛み止めの薬に全て該当します。ですが、NSAIDsの中でもボルタレンは一番副作用の出やすい薬とされているので、他の薬よりも胃腸系の副作用が出やすいと言えるでしょう。

なぜ胃腸系の副作用が出やすいかというと、ボルタレンの作用機序でも説明したとおり、シクロオキシゲナーゼを阻害してプロスタグランジンの生成を抑制してしまうためです。

プロスタグランジンは炎症作用以外にも胃粘膜を保護する働きももっているので、NSAIDsの痛み止めの薬というのは基本的に服用することで胃腸が荒れやすくなってしまうのです。

ボルタレンやロキソニンなどの痛み止めの薬を病院で処方してもらった方なら分かるかもしれないですが、痛み止めの薬とともに整腸剤も一緒に処方されるかと思います。整腸剤が処方されるのは上記が理由となっています。

また、ボルタレンやロキソニンといったNSAIDsに分類される痛み止めの薬というのは継続して服用することで胃痛や悪心などをはじめ、ひどい場合には胃炎、胃潰瘍、大腸炎といった病気へ繋がってしまう危険性があるため、NSAIDsの薬というのは漫然と長期間使用し続けない事が推奨されています。

上記で挙げた副作用の中でも一番頻度が低い副作用というのは「浮腫」です。浮腫は0.60%と報告されています。確率としてはかなり少ないですが、体質によっては起こりやすい方というのも存在しますので、注意しましょう。

また、飲み方を間違えたり、服用してはいけない人がボルタレンを服用した場合は重篤な副作用を招いたり、報告のない副作用を発症させてしまう危険性があるので、必ず飲み方は守り、服用禁止であれば絶対に服用しないようにしましょう。

ボルタレンの飲み方は下記のページにて詳しく説明しています。

また、もしもボルタレンの副作用が気になって飲めないという人の場合はボルタレンよりも副作用がとても少ないとされているブルフェンをおすすめします。

ボルタレンの副作用発生率

実はボルタレンの副作用というのは調査によって発生しやすい人の確率というのがわかっているのです。男女や年齢によっても変わってきます。

男性の場合は5.97%、女性の場合は9.07%となっています。男性よりも女性のほうが1.5倍程度高い事が分かります。

また、年齢は上がれば上がるほど副作用が発症しやすい事もわかっています。年齢が上がってどれほど確率が上がるのかというのは正確にはわかりませんが、若い人よりも、高齢者の方が副作用が発生しやすいと言うことは確かです。

男女の副作用発生率だけみればどちらも10%以下となっており、これが低いと見るか高いと見るかはそれぞれです。この副作用発生率は平均となっていますので、服用する人の体質によっては発症しやすい事もありますので、ボルタレンを服用する際は注意しましょう。

ボルタレンの重篤な副作用

ボルタレンNSAIDsの中でも一番副作用が発生しやすいとされている痛み止めの薬です。服用する方の体質によっては重篤な副作用を発症させてしまう可能性もありますので、ボルタレンを服用する際は必ず頭に入れておくようにしましょう。

ボルタレンを服用することで発症してしまう可能性のある重篤な副作用というのは下記の副作用です。病名と主に起きる症状です。

  • ショック、アナフィラキシー

    吐き気、冷汗、手足の冷え、じんましん、しびれ、全身発赤、顔や喉の腫れ、めまいなど

  • 出血性ショック

    胃痛、激しい腹痛、持続する腹痛、お腹が張る、便秘、吐き気、嘔吐など

  • 中毒性表皮壊死融解症

    高熱、倦怠感、全身に紅斑、全身にみずぶくれなど

  • 急性腎不全

    尿が少ない、尿が出ない、尿の濁り、血尿、むくみ、吐き気、腰痛、発熱、発疹、側腹部痛など

  • ネフローゼ症候群

    むくみ、尿の泡立ち、だるさ、体重の増加など

  • 重篤喘息発作(アスピリン喘息)

    咳き込み、息がヒューヒューと音がする、息切れ、呼吸が難しいなど

  • 急性脳症

    激しい嘔吐、意識が乱れる、けいれん、言動がおかしくなるなど

  • 脳血管障害

    半身の麻痺、半身のしびれ、言語障害、視覚障害など

  • 横紋筋融解症

    筋肉痛、四股の脱力感やしびれなど

上記で挙げた重篤な副作用というのは発症する確率としては稀であるものの、必ず発症しないというわけではありません。ボルタレンを服用する事ができない人も存在し、そのような人がボルタレンを服用してしまうと上記のような重篤な副作用が発症してしまう可能性がありますので、注意してください。次にボルタレンを服用できない人を記載していますので必ず確認しておきましょう。

ボルタレンを飲めない人

ボルタレンは効果がNSAIDsの中でも最も効果が強い痛み止めの薬となっていますが、その分副作用も出やすい薬です。そのため、ボルタレンを飲むことで先程説明した重篤な副作用を引き起こしてしまう人が存在します。

ボルタレンを飲んだことで重篤な副作用を引き起こしてしまう可能性のある人は下記の通りです。服用禁止の人と服用した事で起きる症状です。

  • 消化性潰瘍の人

    胃潰瘍や十二支胃潰瘍などをさらに悪化させる

  • 重篤な血液の異常のある人

    血液異常を今よりもさらに悪化させる

  • 重篤な肝障害の人

    肝障害をさらに悪化させる

  • 重篤な腎障害の人

    腎障害をさらに悪化させる

  • 重篤な高血圧症の人

    浮腫や血圧上昇をさらに悪化させる

  • 重篤な心機能不全の人

    心臓をさらに負担かける事となり、さらに心不全を悪化させる

  • トリレテンを服用中の人

    併用することで急性腎不全が起きることがある

  • アスピリン喘息、または既往歴がある人

    喘息発作を誘発させてしまう

  • インフルエンザの臨床経過中の脳炎、脳症の人

    死亡率が他のNSAIDsとくらべて高い

  • 妊娠中の女性

    胎児の動脈管を圧縮させてしまう可能性がある

  • ボルタレンに対して過敏症の既往歴がある人

    重篤な副作用を引き起こしてしまう可能性がある

また、上記で説明した人以外にも、喘息を持っている人はボルタレンを服用することで喘息を誘発してしまう可能性があるため、できるだけボルタレンの服用はしないほうがよいと言えるでしょう。

もしも喘息を持っている人でボルタレンを服用したいと考えている場合は必ず専門の医師に相談するようにしましょう。

ボルタレンの副作用については下記のページにて詳しく説明しています。

ボルタレンの飲み方

ボルタレンの飲み方

ボルタレンの飲み方としましては、症状によって異なってきます。自分の症状にあった飲み方を必ず守るようにしてください。自己判断で飲む量を多めにしたりしてしまうと重篤な副作用を発症させてしまう可能性がありますので注意しましょう。

下記のボタンをクリックすることで薬の購入ページへ進めます。

ボルタレンジェネリック(デフナック)を今すぐ購入

ボベランを今すぐ購入

  • 神経痛、腰痛症、膀胱炎、歯痛、後陣痛、腱鞘炎、変形性脊髄症、変形性関節症、骨盤内炎症、月経困難症、前眼部炎症、頸肩腕症候群の場合

    成人なら1日3回に分けて3錠~4錠を飲みす。主成分であるジクロフェナクナトリウム容量としては75mg~100mgです。頓用する場合には1回に1錠~2錠を頓用してください。頓用する場合、主成分であるジクロフェナクナトリウムの容量としては25mg~50mgです。

  • 急性上気道炎(急性気管支炎を含む場合も同様)の場合

    成人ならば1日4錠を限度として飲んでください。主成分であるジクロフェナクナトリウムの容量としては100mgまでです。また、原則としては1日2回までとなっています。1回で1錠~2(25mg~50mg)を飲んでください。また、これは原則とされているものなので、年齢や症状の度合いによっては容量の増減があります。

ボルタレンはとても効果の高い痛み止めの薬となっており、比例して副作用が出やすい薬とも言えます。そのため、飲む量を増やすことで副作用を引き起こすリスクというのも当然高くなってしまいますので注意しましょう。

いずれの疾患の場合でも、空腹時の服用は避けるようにしましょう。また、飲む時は多めの水と一緒に飲むようにしてください。水と一緒に飲まないと食道に停留してしまい、そこで崩壊してしまうと食道潰瘍を引き起こしてしまう可能性があります。そのため、必ず多めの水と一緒に飲むことは心がけてください。また、寝る前の飲むのは辞めましょう。

ボルタレンを飲み忘れた場合、それに気づいた場合はできるだけ早めに飲むようにしましょう。ただし、次の飲む時間が短い場合は飲まないようにしましょう。目安としてボルタレンは平均して6時間以上の持続時間があるため、6時間以内の服用時間だった場合は忘れた分は飲まず、通常の時間に飲む分だけにしてください。

この時、忘れた分と通常飲む分を飲んでしまうと重篤な副作用、または上記で挙げてないような副作用を引き起こしてしまう危険性がありますので必ず守るようにしてください。誤って飲む量を多くしてしまった場合は専門の医師に相談するようにしましょう。

ボルタレンジェネリック

ボルタレンジェネリックには「ボベラン」という薬と「デフナック」という薬があります。

この2つの薬はどちらも新薬であるボルタレンと比べるとかなり安く販売されています。もちろんジェネリックとなりますので、成分はジクロフェナクナトリウム、効果や副作用、飲み方などは全て新薬のボルタレンと同じとなっています。

ですが、病院でボルタレンジェネリックは処方されません。日本国内では未承認となっているのです。ボルタレンジェネリックを購入するには通販を利用しなければなりません。

ボルタレンの何倍も安く購入することができ、ボルタレンと一切変わらない効果を得ることができるのでとてもおすすめです。

下記のページでボルタレンのジェネリックについて詳しく記載しています。

ボルタレン以外のNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)

NSAIDsに分類される痛み止めの薬というのはボルタレン以外に多く存在します。その中でも代表的な薬を紹介します。ボルタレンが苦手という方はボルタレン以外でNSAIDsに分類される痛み止めの薬を服用しても良いかと思います。

ロキソニン

ロキソニン

ロキソニンはボルタレンとよく比較されるほど有名な薬となっています。市販で販売されている痛み止めの薬では一番効果が強いともいわれています。

ですが、ロキソニンというのは市販で販売されている以外にも病院で処方される薬があります。こちらは効果がさらに強くなっており、市販で購入することは不可能となっています。

ロキソニンはロキソプロフェンという成分を主成分として含んでおり、効果としてはボルタレンと同じ効果となっています。

ボルタレンよりも効果は低いとされていますが、副作用のリスクもボルタレンと比べるとかなり少なくなっています。

また、即効性の面でもロキソニンのほうがボルタレンよりも優れているとされています。

下記のページでボルタレンとロキソニンについての比較もしていますので、気になる方は参考に見てみると良いでしょう。

セレコックス

セレコックス

セレコックスというのは主成分にセレコキシブという成分を含んだ痛み止めの薬となっています。ボルタレンやロキソニンなどのNSAIDsの薬というのは胃腸系の副作用がとても出やすい傾向となっていますが、セレコックスはその副作用を改善するために開発された薬となっているのです。

痛み止めとしてはとても重要で効果が高く副作用が発症しにくい薬なのです。なぜ副作用が発症しにくいのかと説明すると、セレコックスというのはボルタレンやロキソニンとくらべて少し作用が異なっているのです。

セレコックスは病院でも処方されることがありますが、通販で購入することも可能となっています。また、ジェネリックも存在するので、安く済ませたいという人は通販でジェネリックの購入をおすすめします。

セレコックスを今すぐ購入

コビックス

コビックス

コビックスというのはセレコックスのジェネリックとなります。そのため、成分はセレコキシブを含んでおり、効果、副作用、飲み方など全て新薬であるセレコックスと同じとなっています。

唯一セレコックスとの違いとしては値段です。ジェネリックというのは新薬で安全性や効果性が確かとされているため、開発費がかなり安く済ませられるのです。

そのため、安いからといって効果がセレコックスと全然違うなんてことはありません。

コビックスはセレコックスとは違い、病院で処方されることはありません。コビックスは通販のみの販売となっているため、購入を考えている方は通販を利用するようにしましょう。

コビックスを今すぐ購入